CROCKETT & JONES

CROCKETT & JONES クロケット&ジョーンズ

1879年にチャールズ・ジョーンズ氏とその義理の兄弟ジェームズ・クロケット氏によって創業された、歴史あるクロケット&ジョーンズ社。

世界中で最も多く木型の種類を持つ靴メーカーとして、靴作りのデザインバリエーションや素材選びでは、大変優れたノウハウを持ち併せています。そして一足作るのに約8週間を要するグッドイヤーウエルト方式の採用や、防水性を持たせたベルトショーン製法など、熟練した職人のみが成せる伝統的な手作業の製法が受け継がれています。

Factory CROCKETT & JONESのファクトリー Maintenance CROCKETT & JONESのメンテナンス・リペア

Factory

職人達によって出来上がる靴は、英国靴の最高峰の一つと言っても過言ではありません。CROCKETT & JONES社の工場内では、実に丹念な手作業の工程が繰り返されています。
もちろん機械に頼る部分も大きいですが、メインとなるのはやはり熟練した職人達のきめ細かい手作業なのです。
そんな職人達によって出来上がる靴は、英国靴の最高峰の一つと言っても過言ではありません。
手抜き・無駄のない作業、靴への細かい気配りにより、履くほどに自分の足にしっかりと馴染む一足になるのです。

グッドイヤー・ウェルテッド製法はハンドソーンウェルテッドが発展し、機械による量産を可能にしました。英国靴の聖地と言われるノーザンプトンで発達した「グッドイヤー・ウエルテッド製法」。クロケット&ジョーンズでも最高級の素材を使用し、卓越した職人によってその技術を今に受け継いでいます。グッドイヤー・ウェルテッド製法は、もともとハンドソーンウェルテッドが発展したもので、機械による量産を可能にした技術です。
その製法とは、「リブ」というインソールに接着したテープとアッパーレザー、ライニングレザー、 ウエルトをすくい縫いした後、ミッドソールにコルクなどを詰め、ウエルトという細革とアウトソールを本縫いする複式縫いするのです。ミッドソールにコルクを十分に詰めることで、長時間履いていても疲れにくく、また履き込むうちに自分の足の形にインサイドソールが馴染み、最高のフィット感が得られます。また、アウトソールとウェルトをコバ部分で縫い合わせているので、コバの出し縫いを解けば、アウトソール交換が可能です。永く履ける上質な製品を作るには、減りの激しいソールを張り替えることができ、さらに、快適な履き心地を得られるグッドイヤーウェルテッド製法が無くてはならない製法だったのです。

Retail Store List MORE
閉じる