Griffin International Ltd. 株式会社グリフィンインターナショナル

メンテナンスについて

革小物は定期的にお手入れして頂くことによって長期間使用頂く事が出来ます。

ホワイトハウスコックスの革小物は、定期的にお手入れして頂くことによって長期間使用でき、 手放せなくなる味わいが醸し出されます。
一年に数回、ホワイトハウスコックス専用のワックスで正しいケアを行って下さい。

1.メンテナンス用品

メンテナンス用品

まず、道具を準備します。
ホワイトハウスコックスでは、ブライドルレザー専用の『ブライドルフード』、その他の表面加工した革以外にお使い頂ける『レザーバーム』をご用意しております。
そしてウェス、ブラシです。

ここでは、ブライドルレザーのお財布をお手入れします。

2.革のパッチテストをします

革のパッチテストをします

ブライドルフードをほんの少し指先(またはウェス)に取り、革の目立たない場所でテストします。
薄く塗り込んでから、暫く置き、色の仕上がりをチェックしてください。
ほとんどの色の薄い革はお手入れ後、ワントーン色が濃くなります。

3.ブライドルフードを塗り込みます

ブライドルフードを塗り込みます

問題が無いようであれば、少量のブライドルフードを指先(またはウェス)に取り、革の表面全体に行き渡るように、丁寧に薄くのばしてください。
この時、ウェスをお使い頂いても良いのですが、指で塗り込んだ方が体温でブライドルフードが柔らかくなり、良く伸びるので全体に薄くのばして塗り込む事が出来ます。
ウェスをご使用の場合は、強く擦りすぎないようにお気を付け下さい。
摩擦によって、革の表面に傷を付けたり、色抜けの原因になる事がございます。

4.革に染みこませます

革に染みこませます

全体に塗り込んだら、そのままの状態で暫く放置します。
気温や湿度、革の状態などの環境にもよりますが、約30分から1時間が目安です。

5.ブラッシング

ブラッシング

最後に柔らかい革専用ブラシで、丹念にブラッシングをして仕上げます。
表面に残ったブライドルフードを革の内側へ戻す感覚で、優しくブラッシングしてください。
強くブラッシングしますと、表面に傷が付く恐れがございます。

6.完成

完成

レザーバームを塗り込む事で、メンテナンス前より少し色が濃くなった感じになるかと思います。
こうしてメンテナンスを繰り返していくと、だんだんと深い味わいのある革になっていきます。