Griffin International Ltd. 株式会社グリフィンインターナショナル

Whitehouse Coxとは

創業当初は馬具などを製造していましたが、後にその技法を活かしファッション性の強いアイテムが加わるようになりました。

英国第2の都市バーミンガムから北西のウォルソールにあるホワイトハウスコックス社は1875年にホワイトハウス氏とサミュエル・コックス氏によって創業しました。 創業当初から1920年代までは鞍や手綱などの高品質な馬具用品、そして英国軍などからの依頼を受けた軍需用のアイテムをメインに製造してきました。

ヒストリー イメージ1

1930年代に入ると大きな変革の時を迎えることになります。 ペット用の首輪やリードの製造を開始したり、当時の英国上流階級の人々から要望を受けて、カフスボタン入れ、シャツ用カラーボックス、またシェービングキットなど、スモールレザーグッズの生産を開始し、ファッションアイテムへの参入を強化することになるのです。

第2次世界大戦後はバッグやラゲージなどのファッション性の強いアイテムが、コレクションに加わるようになってきました。 1930年代以降に製造されたアイテムの殆どが、乗馬用の鞍や手綱に多く使用されていたブライドルレザー製で、当時としては非常に斬新なアイデアでした。

ラルフ・ローレン氏からベルトの依頼を受け、ポロブランドで商品化し後の大ヒットに繋がったのです。

ヒストリー イメージ2

1970年代後半、またもやホワイトハウスコックスに大きな転機が訪れます。

それまでは英国内での百貨店や専門店が主なマーケットだったのですが、高級百貨店『ハロッズ』のペット用品コーナーで、ブライドルレザーで作られた犬の首輪や、丁寧に手で編まれたメッシュのリードを見たニューヨークのデザイナーのラルフ・ローレン氏から、それを元に人間用のベルトにアレンジしたいとの依頼を受け、それをポロブランドで商品化したところ、後の大ヒットに繋がったのです。
この噂を聞きつけた世界中のバイヤーやデザイナーから数々のオーダーを受け、マーケットは英国内にとどまらず世界中に広がりました。

現在も常に時代にマッチした、英国風ライフスタイルの神髄を追求した様々なレザーグッズの 製造を続け、5代目社長スティーブン・コックスにホワイトハウスコックスの伝統は受け継がれているのです。現在のブライドルレザー製品も1930年代同様に、伝統に裏打ちされた確かな技術力によって当時と同じ製法で作られています。