フィルパワーとダウンの品質について

イメージ1

ダウンの品質は、単に羽の種類やダウンの混合率だけで決めるのでは無く、フィルパワーの高さで保温力が分かります。

フィルパワーとはダウンの嵩高性を表す指標で、ダウンをシリンダーに入れ、それを圧縮させて、一定時間後に復元した体積量を示すもので、フィルパワーの値が高いほどダウンの膨らみが大きく、空気をたくさん含んでいるので保温性が高いといえます。

 イメージ1

水鳥の種類や産地にこだわっても、しっかりと成熟したダウンクラスターを使用しなければ、高品質なダウン製品は出来上がりません。14〜16週かけて成熟した水鳥のダウンは、ダウンクラスターが十分大きくなっているため、嵩高性に飛んだダウンができます。安価なダウンの原毛は約6週間前後の水鳥の羽を使用しているため、ダウンクラスターが成長途中でまだ未熟なため、嵩高性の低いものになってしまいます。