Griffin International Ltd. 株式会社グリフィンインターナショナル

HISTORY

ピレネックス社は南西フランスのピレネー山脈の麓、サン・セベ(Saint-Sever)に、羽毛を加工する会社として創業しました。南西フランスは食肉やフォアグラなど、家禽産業が盛んに行われている地域です。フランスの食文化の中には、古くからカモ肉やフォアグラを食す文化があります。フランス南西部はその主たる産地となっており、当初その副産物として出ていた羽毛を集め、ダウンやフェザーなど羽毛へ製品化する産業も発達したのです。 1859年に曾祖父のアベル・クラボスがこの地に創業後、ピレネックス社は5代に渡りクラボス家が受け継いでいます。ファミリービジネスで受け継がれたピレネックス社の歴史は、ダウンへの深い知識の歴史でもあります。

ピレネックス社は当初、食用として処理された鳥の羽毛を用いて、ダウンの加工販売、掛け布団や枕など寝具類の生産を行っていました。 1960年代後、羽毛生産や家庭用寝具の生産を続けながら、シュラフなどのアウトドア製品を作り始めます。それは登山家やアウトドアフリークの間で評判となり、それをきっかけにアウトドアやウィンタースポーツで使用できるジャケットなど、アパレル製品の生産へとシフトしていきます。そして冒険家としてヨーロッパの山々を登破し、数々の登攀ルートを切り開いてきたルイス・オードベールをテクニカルアドバイザーとして選任し、機能的なダウンジャケットを多く作り出しました。

1980年代に入ると、それまでアウトドアユーザーの間で使われていたダウンジャケットがカジュアルウェアとして街でも着られる用になります。しかし、ピレネックス社は当初と同じように独自のノウハウを厳重に守りつつ、新たな製品を作り続けます。 5代目へと引き継がれたピレネックス社は若手デザイナーとのコラボレーションしたプレミアムラインを展開し、よりファッションシーンを意識した製品も作り出しています。

パリの直営店や百貨店にコーナーを展開する、フランスを代表するダウンブランドに発展したピレネックスは、現在も独自のノウハウで高水準のダウンを生産しつつ新しい技術を取り入れ、ダウン製品を生産しつづけています。