Griffin International Ltd. 株式会社グリフィンインターナショナル

Our French Down

ファクトリー イメージ1

ピレネックスのダウンは世界でも高水準のダウンと言われています。

南西フランスのピレネー山脈の麓で、グースやダックの飼育農場に程近い場所に拠点をもち、ダウン原毛の仕入れから仕上げまでを一貫して厳重に管理しています。

ファクトリー イメージ1

原毛は通常24時間(夏期は12時間)以内に処理を行わないと腐敗が始まり、ダウン本来が持つ性能が失われると言われていますが、ピレネックスはダウンの加工場を農場の近郊に設ける事で、素早くダウンの処理を行う事が出来ます。

使用するダウンは14〜16週間育成された成熟した水鳥の羽を使用しています。寒暖の差の大きい寒冷地で、のびのびとストレス無くしっかりと成熟するまで育っているので、ダウンクラスター(ダウンボール)は大きく育ち、かさ高のある保温性の高いダウンになります。そのため、高いフィルパワーのダウンに加工することが出来ます。量産用ダウンの場合、生後6週間程度の未成熟な水鳥の羽毛を使用しているため、ダウンクラスター(ダウンボール)が成長途中で小さく、保温性が十分ではありません。

ファクトリー イメージ2

そして原毛の加工もダウンの品質を左右する重要な要素となります。丁寧に洗浄とすすぎ、乾燥を繰り返し行い、臭いや汚れ、埃などをしっかりと取り除いたのち、大型の選別機へ投入し、グレード別に選別していきます。この工程をきちんと行っていないと、ダウンの品質にムラが生じたり、臭いが生じたりすることがあります。加工が完了したら洗浄度合いをテストし、テストをクリアしたものが製品へと使用されます。

このように丁寧な加工とテストを繰り返し、ピレネックスは最高品質のダウン製品を提供しています。