Griffin International Ltd. 株式会社グリフィンインターナショナル

メンテナンスについて

重厚な馬具に使用されているものと同じ革を用いて、
マクロスティーはベルトの製造を行っているのです。

マクロスティのベルトはナチュラルタンニングの革を使用しています。
肉厚なその革は使い込むごとに表情を変え、ご自身に馴染んだ1本になっていくでしょう。

マクロスティのベルトは、いつも頻繁にご使用頂いていれば、特にお手入れの必要はございません。
ナチュラルタンニングのベルトは、使えば使うほどに人の油分や汗が染み込み、艶が増していくのです。
暫くご使用にならなかったり、特に乾燥やひび割れが気になった場合には、メンテナンスオイルやワックスなどでお手入れをしてあげてください。
マクロスティは殆どの製品がブライドルレザーですので、ホワイトハウスコックス社のブライドルフードをご利用頂けます。
また、レザーバームも同様です。

メンテナンス1

1.

メンテナンス用品を準備します。
マクロスティのベルトはブライドルレザーですので、ブライドルレザーに合うワックスをご用意下さい。
ホホバオイルやビーズワックス成分を配合した、乳化性クリームが適しています。
*マクロスティのベルトには、ホワイトハウスコックス社製のブライドルフード、レザーバームもご使用頂けます。

メンテナンス2

2.

まず、ベルトの表面にクリームを塗り込みます。
頻繁にご使用になっている場合は、極々薄く塗り込む程度で構いませんが、暫くご使用になっていない製品をお手入れする場合は、少し多めに塗り込んでください。
(初めてのメンテナンスの場合、目立たない箇所でテストを行ってください。)

メンテナンス3

3.

均一に塗り込んだら、革にクリームが浸透するまで暫く放置しておきます。
*写真の様な薄い色のものは、クリームを塗ると色が濃くなる事がございます。

メンテナンス4

4.

暫く置いたあと、再度指で表面に残っているクリームを革の中に押し込むように塗り込みます。

メンテナンス5

5.

その後、余分なクリームをブラッシングして軽く落とします。
ブラシが無い場合は、代わりに柔らかい布でもかまいません。

メンテナンス6

6.

ブラッシングした後また暫く放置して、充分に革になじませます。
メンテナンス後は、革が光沢のない状態になる事がございますが、また使っているうちに光沢感が出てきます。
(ご使用頻度などによって個人差がございます。)