Griffin International Ltd. 株式会社グリフィンインターナショナル

McROSTIE of Glasgowとは

重厚な馬具に使用されているものと同じ革を用いて、
マクロスティーはベルトの製造を行っているのです。

ヒストリー イメージ1

マクロスティー・オブ・グラスゴー(以下マクロスティー)の起源は、馬具職人として始まった1880年代に遡ります。
マクロスティーはスコットランドのグラスゴー地方で、重厚な馬具を作る職人として設立されました。
以来現在に至るまでの長い間、農・工・商業用馬の様々な馬具を製造し続けてきたのです。

英国カントリーライフの中では、現在もシャイヤー・ホースと呼ばれる労働馬が大変重要な役割を担っています。
その労働馬たちの、重厚な馬具を製造するマクロスティーでは、これらの馬具に使用されているものと同じ革を用いて、ベルトの製造を行っているのです。

ヒストリー イメージ2

マクロスティーのベルトには、ブライドル仕上げのバットレザーが使用されています。
使用されているバットレザーは厚みがあり丈夫なだけでなく、使うほどに素晴らしい深みが感じられる最高級の革です。
その革を1層、あるいは2~3層に重ね合わせて丁寧に縫製しており、とても頑丈です。
バックルには砂型を使い鋳造された、混じり気のない100%ブラスおよび100%ニッケルのバックルを使用しています。

この頑丈な革とバックルの組み合わせが、マクロスティー独特の素朴で飽きの来ないデザインを作り上げています。
使い込むほどに味わいのある色・艶になり、だんだんと持ち主の手に馴染んでいくでしょう。

ヒストリー イメージ3

マクロスティーのワークショップは、スコットランド特有のなだらかな丘陵地帯の中腹にあります。 ワークショップの前にはスコットランドの柔らかな牧草地が大きく広がり、のどかに草をはんだり、軽やかに草原を駆ける馬の姿がそこここに見られます。
そんな典型的なファームハウスの中で、この地の伝統と文化に育まれたスコットランド魂を持つ技術を受け継いだ職人によって生み出されています。

マクロスティーのベルトのすばらしさは、身につければすぐに分かってもらえます。
永く愛用していただける一品となるよう、常にスコットランドの自然と風土、そこに暮らす人々の誇りを持って製造しています。
高級よりも高品質、時代よりも時間を大切に、そして何よりも人の優しさ、暖かさを感じていただける逸品です。