Griffin International Ltd. 株式会社グリフィンインターナショナル

メンテナンスについて

ベースケアをしっかりしていれば、
日頃のお手入れは手間をかけずに簡単に済みます。

日常的なお手入れとしては、靴を履いた後はブラシでほこりや汚れを落とす、これだけで充分でしょう。
ベースケアをしっかりしていれば、日頃のお手入れは手間をかけずに簡単に済みます。
クリームやポリッシュは履く頻度にもよりますが、ご自分で目安を付けて、月1回とか、4~5回履いたら1回くらいのペースで行いましょう。
同じ靴を毎日履きつづけると靴の寿命が縮むだけではなく、あなたの足の健康にも良くありません。
足の健康を考え靴を長持ちさせるには、1日中はいた靴はなか2日ほど休ませてから履くようにしましょう。
また、着用後はシューツリーを入れ、湿気の少ない場所での保管をお勧めします。

カーフなど革小物の場合

表革のメンテナンス・その1

1.

CROCKETT & JONES社製のブラシ、または馬毛などのブラシで全体のほこりを取り除くきます。

表革のメンテナンス・その2

2.

靴専用のクリーナーやローションを柔らかい布やウェス(古布)に取り、表面の汚れなどを丹念に拭き取ります。

表革のメンテナンス・その3

3.

つや出し・防水、そして保革効果のある、クロケット&ジョーンズ社特製のハンドメイドワックス・ポリッシュ(ビーズワックス)をウェスに取り、満遍なく薄く塗り込みます。
※ロウの成分を含む油性ワックスを塗布すると、撥水効果がより高まります。
表面が乾いてきたら、靴専用クロスでポリッシュをふき取り、光沢が出るまで丁寧に磨きます。

スエードなど起毛素材の場合

スエードのメンテナンス・その1

1.

起毛素材専用のクレープブラシなどで、毛足に逆らうようにブラッシングし、汚れや埃などを取り除きます。

2.

スエードのメンテナンス・その2

起毛素材用の防水・保護スプレーなど満遍なく全体に振りかけます。

3.

スエードのメンテナンス・その3

表面が乾いてきたら、起毛素材用のナイロンブラシまたは、馬毛ブラシなどで毛足に沿ってブラッシングをします。

クロケット&ジョーンズ社製ワックスポリッシュは、他の表革製品にもお使いいただけます。
*ご使用前に必ず目立たない箇所でテストを行ってからご使用ください。